通信講座/スクール情報: 弁理士 / 講座 2011年合格目標: 1年合格ベーシック【宮口クラス】+短答アウトプット完成コース

ホーム > 全講座 > プロフェッショナル系-資格取得(国家資格など) > その他 > 弁理士 / 講座 2011年合格目標: 1年合格ベーシック【宮口クラス】+短答アウトプット完成コース

ナレッジサーブネット講座の今だけの割引講座はこちら!
おすすめ情報
【比較通信講座】弁理士 / 講座 2011年合格目標: 1年合格ベーシック【宮口クラス】+短答アウトプット完成コース
【教材】技術士一次試験対策講座「基礎科目・適性科目」
【教材】2010年合格目標:技術職 / コース・パック 化学の基礎 ベーシック合格コース
【教材】警察官・消防官 / 一発合格講座 2010年・2011年合格目標:警察官一発合格コース
【教材】公務員初級(教養試験対策) 応用演習パック
【教材】不動産鑑定士 / コース・パック 2011論文合格コース(模試通学)
新規会員登録(無料)で【もれなく】受講ポイント300円分プレゼント!
アフィリエイトで、さらにおトク!
弁理士試験対策短答基礎力完成講座 関連講座
弁理士試験対策初学者向け通信講座 関連講座
弁理士試験対策基礎固め通信講座 関連講座
講座紹介
講座名
弁理士 / 講座 2011年合格目標: 1年合格ベーシック【宮口クラス】+短答アウトプット完成コース
商品画像

◆メリット
徹底的に無駄を省いた効率的コースカリキュラムで短期合格へ!!
弁理士試験の勉強をするのが初めてという方が、2011年の本試験に臨むためのコースです。まずは「入門講座」で基礎知識を習得し、「短答基礎力完成講座」「論文基礎力完成講座」で本格的な演習に対応できる基礎力を身につけます。さらに、短答アウトプット完成コース(短答実戦答練・全国短答公開模試)で、全国レベルで実施される演習を通して、実力を確認しましょう。※アウトプットでは論文対策が含まれません。

講座のねらい

●弁理士試験合格のための基礎固めにはベーシックコースがオススメ!
全ての講座が講義編と演習(答練)編からできており、基礎的な事項が身についているかを確認しながら先に進むことができる構成になっています。分からないところは繰り返し受講することで正しく理解し実力をつけることができるLECの短期合格法を支えるカリキュラムがベーシックコースです。
●スタンダード教材だから予習にも復習にも効果絶大!
全ての講座で教材が一括発送(短答基礎力完成講座は科目別に一括でお送りします)されるので、教材が届いたときから自分のペースで学習計画が立てられます。また、生講義をお申込の方は、講義の復習や欠席時のフォローに活用することで、生講義に遅れることなく学習を進めることが可能です。
●短答アウトプット完成コースとの組み合わせで学習効果がさらにアップ
普通に講座を受けているだけでは自分が合格にどれくらい近づいているのか分からないものです。基本知識を習得しているか確認するためにも、自分が 2011年の弁理士試験を受験する受験生の中での位置を確認するためにも、全国レベルで実施される演習で実力を確認しましょう。
●基本事項が身についているかの確認と、本試験を意識した演習が合格力を高めます。
全ての講座で教材が一括発送(短答基礎力完成講座は科目別に一括でお送りします)されるので、教材が届いたときから自分のペースで学習計画が立てられます。また、生講義をお申込の方は、講義の復習や欠席時のフォローに活用することで、生講義に遅れることなく学習を進めることが可能です。

目標年度 : 2011年
回数 : 全 107回

<注意事項>
※講義収録年度について
各講座は、2011年向けに、試験傾向を踏まえ新規収録を行っておりますが、下記についてのみ、2010年向け講義を流用しております。ご了承下さい。

【2010年目標流用講義】
入門講座 : (演習編)特許法・実用新案法、意匠法、商標法、条約
論文基礎力完成講座 : (講義編)全科目/(答練編)全科目

こんな方におすすめ
弁理士試験を目指す方
講師紹介
入門講座(講義編)
入門講座(演習編)
論文基礎力完成講座(講義編)
論文基礎力完成講座(答練編)
短答基礎力完成講座(講義編)
短答基礎力完成講座(答練編)
短答実戦答練
全国短答公開模試

※この教材に関するご質問/お問合せは、下記の『提供元会社』までお願い致します。
受講料 330,000円 (税込) (送料込)
提供元 株式会社東京リーガルマインド
添削 なし
事務局おすすめ度 [五つ星 !!]
目標レベル 弁理士試験 合格
登録タグ 弁理士試験対策短答基礎力完成講座   弁理士試験対策初学者向け通信講座   弁理士試験対策基礎固め通信講座  

詳細はこちら!
受講者の声 はこちら

PAGE TOP