通信講座/スクール情報: ドローダウンへの対処法:斉藤正章の毎年100%を目指す!2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ順張り&逆張りシステムトレードセミナー

ホーム > 全講座 > カルチャー系-マネー・法律 > 株・資産運用 > ドローダウンへの対処法:斉藤正章の毎年100%を目指す!2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ順張り&逆張りシステムトレードセミナー

ナレッジサーブネット講座の今だけの割引講座はこちら!
おすすめ情報
【比較通信講座】斉藤正章の毎年100%を目指す!2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ順張り&逆張りシステムトレードセミナー
【教材】EXCELで年率200% 日経225先物システムトレード実践テクニック学習セミナー
【教材】AFPブリッジコース/通信講座/東京FP
【教材】inatoraの2年連続年利80%達成!バリュー株の探し方・儲け方
【教材】不動産投資塾(税務編)
【教材】年間1,000軒を見分けるプロに学べ!不動産「選別眼」養成 セミナー
新規会員登録(無料)で【もれなく】受講ポイント300円分プレゼント!
アフィリエイトで、さらにおトク!
最強のトレード戦略 関連講座
ドローダウンのコントロール 関連講座
ドローダウンへの対処法 関連講座
資金効率と資金管理の課題 関連講座
講座紹介
講座名
斉藤正章の毎年100%を目指す!2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ順張り&逆張りシステムトレードセミナー
商品画像

◆メリット
株式投資の最大の目的は利益をあげることです。
しかし、現実には持っている資金の量や許容できるリスクなどにより、ひとりひとりに合った運用方針が必要であるのも確かです。
例えば、「とにかく大きな利回りをあげたい」という方もいれば、「利回りはほどほどでかまわないので安定的に利益をあげ続けたい」という方もいるでしょう。

今回のセミナーでは、皆様のこのような要望を満たすため、ひとりひとりに合った適切な運用方法を提案させていただきたいと考えています。

また、これまでの逆張り戦略に加え、私が実際に使っている順張り戦略を補助的に取り入れたシステムトレード運用術に踏み込み、さらに実践的な内容をお伝えしたいと思います。

システムトレードの経験がない方でも実践できるよう配慮していますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。

【教材内容】
 ・DVD 約180分 29400円
 ・テキスト
 ・別冊資料(27ページの検証資料)

講師
斉藤正章
200万円を2年9ヶ月で1億1千万にした個人投資家。
SEとしてのスキルを活かした、システムトレードを得意とする。
逆張りの売買ルールは、過去24年間にわたり有効に機能している。

こんな方におすすめ
・システムトレードで、どうも成果が出ない方
・検証では良い結果が出ているが、実践では損失が膨らんでしまっている方
講師紹介
●過去の相場を振り返って
・何を買っても儲かる相場(2005年)
・歴史的な暴落相場の教訓(2006年)

●機械的運用のすすめ
・2010年までを勝ち抜くためのキーワード
・システムトレードって何?

●どんな下落相場でも勝ち続ける戦略
・過去24年間以上無敗!勝率80%の逆張り投資法
・銘柄をスクリーニングしよう
・ケーススタディ
・逆張り投資法のメリットとデメリット

●すべてを決定するのは資金管理だった
・ドローダウンの重要性
・どんな記録もいつかは更新される
・ドローダウンとリターン(利回り)の関係
・銘柄の分散数で成績をコントロールする
・逆張り投資法の利回りとドローダウン

●上昇相場で有利な順張りの買い戦略
・ブレイクアウトと押し目買いはどちらが有利?
・順張り投資法の考案
・銘柄をスクリーニングしよう
・ケーススタディ
・順張り投資法の利回りとドローダウン
・順張り投資法のメリットとデメリット

●成績を飛躍的に変えるフィルターの導入
・フィルターって何?
・シグナル数フィルターで成績を安定させよう
・逆張りに最適なフィルター
・順張りに最適なフィルター

●順張りと逆張りの組み合わせ戦略
・順張りと逆張りどっちが有利?
・お互いの欠点を補う
・理論と現実の違いを知る

●目的に合わせた運用モデルを構築しよう
・運用方針は人によって千差万別
・どこまでリスクをとるか
・そのまま実行するだけの機械的運用モデルの提案
(1)利回りを重視する人の積極運用型モデル
(2)ドローダウンを避けたい人の安全運用型モデル


質疑応答
※この教材に関するご質問/お問合せは、下記の『提供元会社』までお願い致します。
受講料 29,400円 (税込) (送料込)
提供元 エンジュク株式会社 
添削 なし
事務局おすすめ度 [五つ星 !!]
目標レベル システムトレードの運用
登録タグ 最強のトレード戦略   ドローダウンのコントロール   ドローダウンへの対処法   資金効率と資金管理の課題  

詳細はこちら!
受講者の声 はこちら

PAGE TOP